酵素ダイエット方法と効果的なポイント

 

効果的な酵素ドリンクを用いた方法ですが、初心者がより安全にできる方法として、一日の食事のうち、1食だけを酵素ドリンクに置き換えるダイエットがあります。
これがお勧めなのですが、もう一つの方法はプチ断食(ファスティングと呼んでいます)の間に酵素ドリンクを飲むものです。
次にそれぞれの方法をまとめていますので紹介します。

 

置き換えダイエット

一日のうちの1食を酵素ドリンクに置き換えるダイエットです。
もっとも手軽で継続しやすいダイエットと言えるでしょう。
それでも一食を抜かすに等しいものですから、最初は空腹感に苦しめられるかもしれません。
朝昼晩の食事のうち、どれかを酵素ドリンクに置き換えなければいけません。
栄養学的に考えると、一日24時間のうち、排泄の時間帯は午前4じから正午までが最適と考えられています。
この時間帯は逆に内臓器官が活発に働かない時間とも言えるので、消化の必要がなく内臓に負担をかけないことから朝食を酵素ドリンクに置き換えるのがベストといえます。
人によっては朝食をしっかり食べないと一日を乗り切れないと考える人もいるでしょう。
その場合は昼食あるいは夕食を置き換えるなど試行錯誤を繰り返して自分に合った置き換えダイエットを見つけてください。
この置き換えダイエットは、芸能界でも人気で多くのタレントさんがダイエットに成功しているようです。

 

ちなみにどの食事を置き換えているかというと、圧倒的に朝食のようです。朝食抜きの人も多いことから置き換えやすいということのようですね。
プチ断食のほうが効果的という声が多いのですが、まずは入りやすい置き換えダイエットから行うことをお勧めします。

 

私が実際に行った1ヶ月の酵素ダイエットの体験レポートです

半日断食(ファスティング)ダイエット

一日のうち18時間は食事(固形物)を摂らず、もっぱら酵素ドリンクや水などの摂取で過ごすダイエット方法です。
入りにくい断食ダイエットですが、その中でもこのプチ断食は一番取り組みやすいダイエット方法です。
例をあげれば、19時に夕食を取り終えた場合、翌日の昼の13時までは食事(固形物)は一切摂らずに、酵素ドリンクと水の摂取だけで過ごすものです。

 

 

1日断食(ファスティング)ダイエット

これは一日の3食すべてを酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法となります。
会社に勤めている人は日中は力が入りませんから、この方法はお勧めできません。
もし行うとすれば、土曜日などの休日前に始める週末断食をするとよいでしょう。
定期的に週末だけ行うだけでも十分なダイエット効果が期待できます。
お酒にも休肝日が必要なように、週に一度でも定期的に内臓など主に消化器官の休養日を設けることで、本来の力を発揮してくれることでしょう。

 

2日断食(ファスティング)ダイエット

一日3食すべてを置き換えるダイエットを2日間に渡って行うダイエット方法です。
一日断食と比べてもより難易度があがりますが、効果のほうもそれに見合ったものとなります。
これも一日断食と同じように定期的に行うことで、よりダイエット効果が期待できます。
なによりも一日より二日間、内臓など消化器官を休ませることで、より大きなダイエット効果が期待できるのです。
食事をせずに排出だけに専念できますから、より太りにくい体を作ることができます。

 

3日断食(ファスティング)ダイエット

一日3食すべてを酵素ドリンクに置き換えるダイエットを3日間に渡って続ける方法です。
断食の中でもより難易度が増します。

 

一日断食、二日断食などを経て自信がついてきたら是非行ってみたいものです。
ここまでの断食になると健康状態も気になりますが医学的には問題はないようです。
ただししっかりと水分を補給することを忘れないようにします。

 

もっとも喉は渇きますので、水などの補給は十分に行いましょう。
力がわかないと思われるかもしれませんが、逆に神経が研ぎ澄まされて考え事や本なども集中して読むことができるとされています。
もっとも体調不良を感じたらすぐに医者に診てもらうことも忘れてはいけません。